地域社会部会
活動内容
安全マップ
  • 安全マップはこちら

地域社会部会

「子どもの安全守る家」などと協力し、学校を含めた地域の活動を進めるとともに、青少年を取り巻く社会環境の浄化活動を行っています。

活動内容「子どもの安全を守る!」


五中学区には、300軒あまりの『こどもの安全守る家』があります。『こどもの安全守る家』とは、水戸市内の事業者や個人宅に看板を設置した、子どもたちが危険や怪我、その他いろいろな出来事に困った時にかけこめる場所です。

地域社会部会では、その『こどもの安全守る家』のマップを作成し、毎年小学1年生に配布しています。また、2年に1度引き受けていただいた方々へのアンケートを実施し、情報交換会も行ってきました。これからも、地域の安全のために『こどもの安全守る家』をより有効に活用してもらえるよう努力していきたいです。

毎年7月末には、『五中学区内社会環境浄化活動』として次の活動を、行っています。
①電柱などの有害広告物(貼り紙・貼り札・立看板)の撤去
②有害環境の点検、不安全箇所の摘出
③地域内の清掃

近年は電柱などへの張り紙等はほとんどなくなり、学区内の環境チェックとゴミ拾いが主な活動となっています。暑い中、地域のお子さんから高齢者の方々まで、大勢参加してくださり、子どもたちが気持ちのよい環境での夏休みが送れるよう汗を流しました。

○地域社会部会では、これからも地域の方々と連携して、子どもたちの安全を守り、環境を良くしていく活動を進めていきたいと考えています。

「こどもの安全を守る家」水戸五中学区マップ


渡里地区、堀原地区にはたくさんの「こどもの安全を守る家」があります。このMAPでは緊急時の駆け込み場所・困った時の相談場所を掲載しています。

また災害時、慌てずに対応できるように指定避難所や緊急連絡先どを掲載し、八折りのコンパクトなサイズでいつでも携帯できるように制作しています。

→安全マップ PDF

ページトップへ